本展のテーマは with
本展のテーマは with

ミッフィーをとりまく家族や友達が一緒に紡いでいく物語を、
貴重な直筆原画やスケッチ、創作メモなどの資料を通して紹介します。
日本初登場となる約250点を含む、300点以上を
一挙に公開します。

『ゆきのひの うさこちゃん』を一堂に展示

1963年に出版されたミッフィーの初期4作品のひとつで、とんがり耳と冬の装いが特徴の『ゆきのひの うさこちゃん』。
これまでたったの1枚しか来日したことがない同作の原画を、初めて一堂に展示します。
静かで美しい雪景色と対比的に、ミッフィーと家族とおうちの温かさを描き出したブルーナさん。
その温もりあふれる筆さばきを原画でお楽しみください。

『ゆきのひの うさこちゃん』1963年 原画 うさこちゃんが正面を向いて立っている
『ゆきのひの うさこちゃん』
1963年 原画
『ゆきのひの うさこちゃん』1963年 原画 うさこちゃんが雪道を散歩している

ブルーナさんの創作の秘密に迫る

初来日となる人気タイトル、『うさこちゃん おばけになる』(2001年)、『うさこちゃんは じょおうさま』(2007年)、そして、ミッフィーが最後に絵本に登場した『うさこちゃんと ふがこちゃん』(2011年)のほか、『うさこちゃん ひこうきにのる』(1970年)、『うさこちゃんとにーなちゃん』(1999年)を加えた原画や資料を
展示します。

冠をつけて女王様になったり、おじさんと飛行機に乗ったり、時には仲間たちを驚かせるおばけになったり・・・?
いろいろな姿のミッフィーと、ミッフィーをとりまく仲間たちとの交流を、ブルーナさんがどのように描き、どのように言葉で表現したのか、創作の秘密に迫ります。

ブルーナさんと日本

ミッフィーの作者、ディック・ブルーナさんの初来日は日本で絵本が出版されて15年ほどたった1978年のことでした。
ミッフィーシリーズをはじめとしたブルーナさんの絵本は、
すでに日本で大人気。来日時には日本の絵本作家や児童文学者と親交を温めました。日本の絵本文化にも大きな影響を与えたブルーナさん。その思い出と創作の魅力を、日本とのかかわりから紐解いていきます。

また、2017年に他界したブルーナさんのスタジオに残された、ブルーナさん自身によるポスター作品やミッフィーグッズの数々も初来日。
ブルーナさんが創作をしつづけたスタジオや、故郷オランダ・ユトレヒトの雰囲気もご紹介していきます。

ブルーナさんと日本
ブルーナさんと日本

dick bruna
ブルーナさんと日本

1927年、オランダ・ユトレヒト生まれ。
絵本作家・グラフィックデザイナーとして世界的に活躍。
暖かみのある手描きの線、鮮やかな色使い、観る者の想像力に訴えるシンプルで大胆な構成の
作品で、世界中の子どもから大人まで幅広く愛されている。
2017年2月に生涯をとじるまでに、120タイトルを超える絵本を刊行。
全世界で約50カ国語に翻訳され、8500万部以上のロングセラーとなる。